プチ矯正(ダイレクトボンディング)

  • トップ
  • 料金表
  • ドクター紹介
  • 医院概要.
  • お問合わせ

歯並びをキレイにしたい

プチ矯正(ダイレクトボンディング)

クイック矯正

歯並びを整えるための一般的な矯正治療は、歯に金属製の矯正装置とワイヤーを取りつけて時間をかけてゆっくりと歯を移動させるというもの。それに対してクイック矯正は、ラミネートベニアやセラミッククラウンといった補綴素材を使用することで、歯を移動させることなく短期間で歯並びを整えます。

クイック矯正のメリット
  • 治療期間が短い
  • 矯正装置を装着する必要がない
  • 矯正治療時のような痛みがない

≫クイック矯正について詳しく知りたい方はこちら

ラミネートベニア

歯の表面を薄く削り、その上から貼りつける薄いセラミックの板を指します。歯の色や形に異常がある場合、貼りつけることで矯正の必要なく改善できます。軽度であれば、歯と歯の隙間を埋めることもできます。

メリット デメリット
・好みの色や形にできる
・治療期間が短い
・ホワイトニングできない歯でも白くできる
・変色しにくい
・歯を削る必要がある
・見た目は整うものの実際の歯並びは変わらない
ラミネートベニア症例

前歯二本をラミネートベニアで修復しています。当院での実例です。

ラミネート術前

ラミネート術後

レジン前装冠

金属製のフレームをレジン(歯科用プラスチック)で覆ったタイプの補綴素材です。保険が適用できるため安価ですが、セラミックと比べると変色しやすく強度も低いというデメリットがあります。

メリット デメリット
・金属を使用するため強度が高い
・保険適用のため安価
・本物の歯に近い色に仕上がる
・変色しやすい
・金属が見えることがある
・金属アレルギーを起こす危険がある
ハイブリッドセラミックインレー

セラミックとレジンを混ぜ合わせた材料で作られた補綴素材です。オールセラミックより本物の歯に近いしなやかさがあるため、噛み合う歯にダメージを与えにくいという特徴があります。ただし、色調はオールセラミックに劣り、経年によって変色します。


メリット デメリット
・金属アレルギーの危険がない
・噛み合う歯にダメージを与えない
・本物の歯に近い色に仕上がる
・経年によって変色する
・強度がセラミックに劣る
・色調がセラミックに劣る

小室歯科
お問い合わせ