• セレックについて
    • メリット・デメリットは?
    • 他の治療方法との違いは?
    • セレック治療の流れ
    • 症例や目安料金を紹介
  • 小室歯科のこだわり
  • 医院案内
  • お問い合わせ

CADCAMのインプラントへの応用

CADCAMのインプラントへの応用

インプラントの上に、被せ物を作る事は、非常に精密さが要求され、難易度が高い作業です。そのため、どうしても、患者さんの来院回数が多くなったりして、ご迷惑をおかけする事も多い工程の一つです。
しかし、世界的に、最近CADCAMによる治療技術の進歩は素晴らしく、コンピュータ技術を使用した治療について、多くの商品、提案がなされてきています。
小室歯科近鉄あべのハルカス診療所でも、セレックを使用して、インプラント上部の被せ物をセラミックで作成する先端的な試みを行っています。被せ物の歯型をコンピューターでスキャンし、コンピューター上で被せ物の形を設計し、当院の切削機械で削り出して、セットします。
しかし、日本は、この分野ではまだまだ遅れていて、欧米では、様々な種類のスキャナーが商品化され、臨床応用されています。
この流れを確実につかむため、先週も小室暁院長が、海外のインプラントへのCADCAMの応用について、研修してきました。日本では、まだ普及していないスキャナーの数々を、実際に手にとって、試しました。より早く、より安全にインプラントの補綴を行う方法のアイデアも貰ってきました。
当院でも、積極的にこのようなデジタル技術を取り入れていこうと思いますので、お気軽に、インプラントについてのご質問をいただければ幸いです。