• セレックについて
    • メリット・デメリットは?
    • 他の治療方法との違いは?
    • セレック治療の流れ
    • 症例や目安料金を紹介
  • 小室歯科のこだわり
  • 医院案内
  • お問い合わせ

セレック治療へのこだわり:口腔内写真

セレック治療へのこだわり:口腔内写真

小室歯科近鉄あべのハルカス診療所では、セレック治療に際して最近口腔内写真を長年使用していたもの以外に、最新のカメラセットを追加して、使用しています。

口腔内カメラは、一般で使用する物に、マクロレンズといって、非常に細かいものまで接写して撮影出来るレンズと、特殊なストロボを組み合わせて歯科用として使用します。

口の中は暗く、また、前歯から奥歯まで、きちんとフォーカスが合っていないといけません。そして、出来るだけ、その人の持つ歯肉や歯の色を再現できなくては、臨床の用途には耐えません。つまり一般のカメラキットと、若干違った要求に答えなくてはいけません。

その上で、シャッタースピードや、感度、絞りなど、いろいろな条件を調整して、良い写真を患者さんのご負担が少なく撮影できればと思っています。

こうして撮影された写真データは、治療計画の立案はもちろん、患者さん

にお見せしてご説明にも使います。

以外と、患者さんはご自身のお口の中をご存知ないものです。最初は治療や予防に消極的でも、現状をお見せすることで、多くの患者さんが現状に驚き、治療に前向きになってくださることも多いです。

顕微鏡でも、写真も、最近のデジタル機器の進歩は目を見張るものがあります。

当院では、このようなデジタルデータはサーバーに一括管理され、LANにて各チェアーで閲覧できるようになっています。

このように、できるだけお口の中の状況をご理解いただくことで、セレック治療の必要性をわかりやすくお伝えできるよう、当院では、“より見せる”ことをテーマに、患者さんへよりわかりやすい情報提供を目指したいと思います。