• セレックについて
    • メリット・デメリットは?
    • 他の治療方法との違いは?
    • セレック治療の流れ
    • 症例や目安料金を紹介
  • 小室歯科のこだわり
  • 医院案内
  • お問い合わせ

ファイバーポスト

ファイバーポスト

このホームページをご覧の方には、被せものを、どんなもので作ろうか、考えておられる方も多いとおもいます。

セレックを使うと、一般的な長石セラミック、ジルコニア、E-maxなど、多くの材料を使うことができ、それは、このホームページやブログでもお伝えしています。

しかし、その被せ物ををかぶせる土台の部分の材料について考えられたことは、あるでしょうか?実は、この土台も、すごく大事な、被せ物の一部です。

と、言いますのは、土台がしっかりしていないと、その上の被せ物の持ちも悪くなるからです。家を建てる時に、基礎がしっかりしていないと、傾いたりするのと同じです。

そこで、当院では、セレックを入れる時には、従来の金属の土台ではなく、ファイバーポストというものをできるだけ使用するようにしています。

ファイバーポストは、細いグラスファイバーの繊維を樹脂で固めたピンのような材料で、金属と違い歯ぐきが黒く見えてしまうといった心配もありません。また適度なしなやかさがあり、衝撃を吸収することで歯の根を壊しにくく、歯にもやさしい材料です。金属を土台に使うと、硬いため、歯の根の破折の原因になる事があるのです。

また、金属を使用する事で、アレルギーを防ぐことにも繋がります。

ですので、最近では、セラミック治療に限らず、金属を土台に使用する頻度が減り、グラスファイバーや、レジン(歯科用プラスチック)を使用する事が多くなってきました。

さらに、グラスファイバーやレジンの優れたところは、“歯に接着する“という所です。金属と違い、これらの材料は、歯と科学的に結合するため、歯との間に微小な隙間が生じにくく、細菌が侵入する可能性を低めます。これは、虫歯になったり、歯の根の先に炎症を起こす確率を低め、結果、歯自体の長持ちに繋がります。

とはいうものの、金属を除去することにはリスクもあります。それは、除去するときに、歯が破折してしまう事がある事です。ですので、除去する時には、十分に診断して、相談の上行う事が必要かと考えています。

もちろん、すべての場合に使用できるわけではありませんが、ぜひ、被せ物を新しくする際は、”土台”にもこだわってみてください。