• セレックについて
    • メリット・デメリットは?
    • 他の治療方法との違いは?
    • セレック治療の流れ
    • 症例や目安料金を紹介
  • 小室歯科のこだわり
  • 医院案内
  • お問い合わせ

ラミネートベニア: セラミックのパネルで、歯の色や、形を思い通りに

ラミネートベニア: セラミックのパネルで、歯の色や、形を思い通りに

小室歯科近鉄あべのハルカス診療所では、最近、ラミネートベニアを利用して歯を修復することが多くなっています。ラミネートベニアとは、歯の色や形を改善したい場合の処置の一つで、歯を少しだけ削り、その部分にセラミックのパネルを張って、色や形をお好みのものに変える治療法です。

ホワイトニングですと、歯の色を白くはできるのですが、形までは、変えることが出来ません。また、色も、思い通りに合わせることは困難です。

また、通常のかぶせ物ですと、歯をぐるりと一周削り、歯の削除量が大きくなりますので、抵抗を感じられる方は多いかもしれません。

そのようなときに、ラミネートベニアを使うのですが、この方法は、本来、歯型をとって、模型を作成した後、丁寧にセラミックを盛り足して作るために、専用の模型(耐火模型)をさらに作成したり、セラミックの築成操作に非常に熟練が必要だったりする、非常にテクニカルな補綴物です。

しかし、小室歯科近鉄あべのハルカス診療所では、セレックを使用することで、この問題点をクリアする、良質なラミネートベニアが作成できるようになっています。セレックは、デジタルで型取りをし、作成しますので、耐火模型を使用する必要がありません。また、ブロックを削って作成しますので、煩雑なセラミックの築成操作が必要ありません。このような利点がありますので、患者さんにラミネートベニアをお勧めするハードルは、非常に低くなっています。

しかし、ラミネートベニアも、噛み合わせによっては破折しやすい、技工士との色形についての十分なコミュニケ-ションが必要など、まずは患者さんとよくお話しし、診断し、作成できる環境が不可欠です。

歯の色が気になる、歯の形が気になる、などお悩みの方は、お気軽に当院にご相談ください