• セレックについて
    • メリット・デメリットは?
    • 他の治療方法との違いは?
    • セレック治療の流れ
    • 症例や目安料金を紹介
  • 小室歯科のこだわり
  • 医院案内
  • お問い合わせ

torios トリオス 口腔内スキャナー

torios トリオス 口腔内スキャナー

小室歯科近鉄あべのハルカス診療所で、本日、トリオスという口腔内スキャナーのデモを行いました。口腔内スキャナーとは、これまで印象材という粘土のようなもので、歯型を取っていたものを、光で動画のようなものを撮影して、デジタルデータを作成するための、いわゆるカメラのようなものです。

トリオスは、日本ではまだまだマイナーですが、海外では、シェアが非常に高い、評判の良いスキャナーです。

当院には、セレックオムニカムという、最先端のスキャナーがあります。セレックは、スキャンから、設計、削り出しまでを全て院内で出来るシステム構築が、最も優れたシステムと言えます。しかし、逆にその全てをセレックの純正の機械で行うのが基本です。逆に、トリオスは、オープンシステムと言って、データを取った後、設計、削り出しまで、いろいろな種類のものをセレクトできることが特徴で、その分、拡張性に優れます。しかし、日本ではまだ、全て院内で行えるようなシステム構築はできておらず、設計や削り出しは外部の技工所などにお任せするスタンスが主流のようです。

最近では、両者のスタンス、システムの差異は少なくなってきており、近い未来、なくなっているかもしれません。しかし、間違いなく言えることは、口腔内スキャナーはますます進歩しており、歯科治療になくてはならないものになっていくだろうということです。

当院は、この分野でのフロントランナーを目指して、常に研鑽していきたいと思っています。