• セレックについて
    • メリット・デメリットは?
    • 他の治療方法との違いは?
    • セレック治療の流れ
    • 症例や目安料金を紹介
  • 小室歯科のこだわり
  • 医院案内
  • お問い合わせ

デジタル印象の限界について

デジタル印象の限界について

先日から、インプラントや、矯正の分野で、デジタルによって歯型をとることの有用性について、お話ししてきました。

これまでの印象材(歯型をとる、粘土のようなものです)ではなくデジタルで歯型をとることで、資料が劣化することなく、長期間残すことができ、また、口の中でとるタイプのスキャナーであれば、感染も少なく、データをとればすぐに、製作にかかれるため、仕上がりが早い。また、デジタルでしか、取り扱えない素材(特にセラミック)がある。そのようなメリットがあるのが、デジタルによる歯型とりです。

当院でも、セレックを利用して、被せ物や、インプラントの上部構造などを主に作成し、様々な材料の取り扱いをしております。そして、概ね、良好な結果をだしており、今後も、診療の軸に据えていきたいと思っている技術です。

しかし、まだまだ、この技術も、完全では無いと考えさせられることがあります。印象材で歯型をとるときには、歯型をとる印象剤が歪んだり、そのあと、石膏模型に移すときに石膏が膨張したり、さらには金属に置きかえるときに歪みが起きたりで、結果、精密性に問題が出ます。それが、デジタルでは、操作がシンプル故に、歪みが小さい、あるいは殆どないと、理論上は考えられます。しかし、デジタル印象でも、画像を写真、あるいはビデオによって撮影し、それを重ね合わせてデータを作るために、どうしてもわずかな歪みが出ます。これは、お口全体など、歯型が大きければ大きいほど、大きくなると考えられます。また、このデータを加工する際、多くの場合、セラミックの塊を削ることによって行いますが、この過程で、やはりわずかな歪みが出ます。このように、デジタルにおいてさえ、トータルで見ると微小な誤差の影響を考えて、出来上ったものの評価を行う必要があると考えています。

また、最近ではCTデータ(これもデジタルデータ)との重ね合わせを行い、分析や、治療を行うことも増えてきました。そのとき、CTデータの歪み、重ね合わせ時の歪みなどが起こることも予想されます。

我々は、そのようなこともおりこんだうえで、適切なデータを扱い、マテリアルを扱うことが必要な時代が来ていると考えています。

とはいえ、デジタル技術の精度の向上は、急速で、目を見張るものがあります。我々も、今後とも、研鑽をつずけ、常によりよいデジタルデンティストリーを提供できるよう、努力します。