• セレックについて
    • メリット・デメリットは?
    • 他の治療方法との違いは?
    • セレック治療の流れ
    • 症例や目安料金を紹介
  • 小室歯科のこだわり
  • 医院案内
  • お問い合わせ

美しいセラミックを作る

美しいセラミックを作る

セレックでは、長石系、二ケイ酸リチウム、ジルコニアなど、様々なセラミックを使うことがあります。小室歯科近鉄あべのハルカス診療所では、これらのほとんどのマテリアルを自院で加工し、患者さんに提供しています。

ところで、これらのセラミックは、それぞれ一長一短があり、二ケイ酸リチウムや、特にジルコニアは、簡単に言うと、”硬いが、見た目が悪い”という特徴があり、最近では、ジルコニアも随分と改善されてはいるものの、やはり、見た目重視の前歯では、それだけでは使いにくい、ということになります。そこで、多くの場合、このジルコニアや、二ケイ酸リチウムの表面に、見た目の良い長石系のセラミックを焼き付けて仕上げています。セラミックの加工自体は、非常に新しい技術ですが、このセラミックを焼き付ける技術は、古くは、ジルコニアなどの代わりに金属を裏打ちに使っていた時代から使われていた技術(メタルボンド)で、当院の技工士は、もう長い間、行っており、非常に習熟しています。写真は、表面のセラミックを焼く前の状態ですが、セラミックの粉末を、特別な液体で溶かして、それを表面に盛っているものです。もちろん、この色がそのまま、仕上がりの色になるわけではないので、この状態の色を見て、技工士さんは、仕上がりをイメージしているわけです。これだけでも、”匠の技”を感じていただけませんでしょうか?

実際には、ジルコニアを焼いた時に歪まない工夫や、表面のセラミックとジルコニアが剥がれない工夫、その他、色々な細かい工夫、ノウハウを積み上げて、一本の歯が出来上がっています。

当院はこれからも、セラミックへの”こだわり”を大事にした補綴物を提供していきたいと思っています。