• セレックについて
    • メリット・デメリットは?
    • 他の治療方法との違いは?
    • セレック治療の流れ
    • 症例や目安料金を紹介
  • 小室歯科のこだわり
  • 医院案内
  • お問い合わせ

なぜ、銀歯は虫歯になりやすいか?

なぜ、銀歯は虫歯になりやすいか?

保険治療では、多くの場合、銀(正確には、金銀パラジウム合金)の詰め物、被せ物が使われています。

これらは、一般的に、セラミックよりも歯の持ちが悪いと言われています。 また、治療の必要により、銀歯を外した後、銀歯と歯の間が、虫歯や、劣化したセメントや金属によって、真っ黒になっていることをよく見ます。小室歯科では、黒くなった歯を、必ず患者さんに見ていただくようにしておりますが、この状況見ると、多くの患者さんが、金属ではなく、セラミックを選ばれるほどです。それでは、なぜ、銀だら虫歯になりやすいのでしょうか? 

銀歯は、歯と、合着と言って、セメントと言う、いわゆる接着剤のようなもので、引っ付け維持していきます。ですので、長い間、お口の中の過酷な状況に晒されると、どうしても、溶けてしまい、歯と詰め物の間に隙間が空いてしまいます。そこに、唾液が侵入すると、もちろん、唾液中の虫歯菌がその間に侵入し、増殖し、虫歯となります。

また、銀歯はもちろん金属ですので、熱いものを食べた、などの温度の変化によって、微小ですが膨張したり、収縮したりします。そのようなことがあると、これも隙間ができる原因となり、虫歯になりやすくなります。

また、金属と歯の境目はどうしても段差になりやすく、ここに汚れや、細菌が溜まりやすくなります。

一方、セラッミックは、接着と言って、歯と化学的に一体化するので、このようなことが少ないので、虫歯になりにくいと言われています。

こういった理由からも、当院では、積極的にセラミックを推奨しているのです。

お口の中は、たべものを食べると酸性になり、また、一度噛むと、一回で奥歯であると60キログラムほどの力がかかります。これを一日何十回、何百回と繰り返すわけで、このような過酷な環境に耐えうる材料が求められるわけです。

セラミックが主流となる前は、銀の代わりに、より歯との密着がいい金合金が好んで使われました。いまだに、セラミックよりも、金合金の方が、適応であると言うケースもあると考えます。すべてのケースにベストである材料は未だないですが、日々、材料の進化とともに、歯科が発展していることは事実だと思います。また、セラミックも日々発展し、接着剤も、近年非常に性能が向上しています。これらの進歩に遅れずについていくように努力したいとも思います。