• セレックについて
    • メリット・デメリットは?
    • 他の治療方法との違いは?
    • セレック治療の流れ
    • 症例や目安料金を紹介
  • 小室歯科のこだわり
  • 医院案内
  • お問い合わせ

日本臨床歯科CADCAM学会関西支部例会

日本臨床歯科CADCAM学会関西支部例会

今年の6月7日に、小室歯科近鉄あべのハルカス診療所院長の小室暁が、日本臨床歯科CADCAM学会関西支部例会でセレックについて発表を致しました。内容は、先日視察したドイツでの最新情報についてのプレゼン、そして、当院で行っているCERECブロックの使い分けについてでした。

特に、ブロックは、当院は院内技工士がいるため、多くの種類のブロックを使い分けることが出来ます。今回は、本当にたくさんあるセレックのブロックについて、特徴を整理しながら、それらをどう使用しているのか、発表いたしました。

ブロックの中には、加工が難しく、技工士とのコラボレーションが必要なものもありますので、それらについてもお話しいたしました。

セレックを用いて診療をしている歯科医院は、日本ではまだ少数で、その中でも、ジルコニアなど、加工の難しい材料を使用している医院は、ごくわずかです。

また、セレックは、非常に簡便に、審美的な補綴物が出来ることが、利点ではありますが、やはり技工士によるひと手間がありますと、より審美的な仕上がりが期待できます。

今後とも、当院の強みを生かして、”小室歯科ならではのセレック”をめざしたいと思います