• セレックについて
    • メリット・デメリットは?
    • 他の治療方法との違いは?
    • セレック治療の流れ
    • 症例や目安料金を紹介
  • 小室歯科のこだわり
  • 医院案内
  • お問い合わせ

デジタル歯科にて、インプラント治療を行う

デジタル歯科にて、インプラント治療を行う

インプラント治療に置いて精密にかぶせものを作るために考えなければいけない処置は多くあります。例えば術前のプランニング、外科処置、材料の選択等々です。

そしてその中でも非常に経験とズレを生じやすい処置の中に印象採得(型とり)があります。

インプラント治療における型取りは、インプラントの上に特殊な道具を取り付け、それを利用して歯型をとるのですが、この時に、普通の歯型とりよりも、必要とされるステップが多く、ズレが生じやすいのです。

しかし最近イントラオーラルスキャナを使って型取りをする方法ができてきています。

それはこれまでの、粘土のような型取りの材料を使うのではなく、専用のアタッチメントをインプラントの上に取り付け、それを直接イントラオーラルスキャナーでデジタル化することでズレを極力少なくする方法です。

しかも、最近ではそのデータを利用して直接かぶせものを作ったり、あるいは模型も一緒に3Dプリンター作って、出来上がりを確認しつつ作るなど、いろいろなことができるようになりました。

患者さんも型とりに伴う不快感が少なく、また回数も状況によっては少なくなり非常に有益な技術かと思われます。

この患者さんでは、イントラオーラルスキャナで撮影したデータをもとに、インプラントと、E-maxによるかぶせものを2つずつ同時に作成しました。そして、全て、当院の技工士が作成しております。

この方法ですと模型を作る技工士の作業が格段に少なくなり、技工士にも非常に有益な技術かと思われます。

このようなプランニング、外科処置、補綴に至る一連の作業はCT撮影データ、デジタルによる印象採得など、全ての場面でデジタル技術の理解と融合があってのことです。

この症例では、インプラントの埋入に際しても、術前にCTの撮影を行い、それをお口の中のデジタルデータとマッチングさせ、それを利用してサージカルガイドを作成し手術を行いました。つまり、プランニング、手術、被せ物と、全ての場面で、デジタル技術を駆使して、治療を行ったことになります。

当院では、安全、安心なインプラント治療を追求し、デジタル技術を適切に使っていきたいと思います。

 

 

当院では今後ともこのような技術を使いより確実で安全な治療を心がけていきたいと思っています