• セレックについて
    • メリット・デメリットは?
    • 他の治療方法との違いは?
    • セレック治療の流れ
    • 症例や目安料金を紹介
  • 小室歯科のこだわり
  • 医院案内
  • お問い合わせ

CADCAM冠

CADCAM冠

一般に、セラミックの治療というと、”自費診療”というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

実は、2年ほど前から、保険治療でも、”金属を使わない白い歯”が使用できるようになっています。いわゆる”CADCAM冠”というもので、レジン(歯科用のプラスチック)の中にセラミックを混ぜて強化しているものです。保険適用された頃は、まだ小臼歯(前から4、5番目の歯)のみの適応でしたが、この四月からは、条件付きながら下顎の前から6番目の歯にも使えるようになりました。

実際使用してみますと、どうしてもセラミックよりも透明度、色の深みなど、見た目に劣る部分は否めません。しかし、こだわらなければ十分な白さですし、何より、これまでは金属しか使用できなかったことを考えますと、大きな進歩と言えます。また、適合度合いも、そこそこのレベルを達成できていると、臨床的感覚としては、感じています。

しかし、セラミック成分が少ないことによる弱点は、否めないところはあります。まず、この材料は歯と”接着”と言って、レジン製のセメントにより歯と科学的に結合させ、止めていくのですが、それにはセラミック成分が不可欠です。それが少ないので、どうしても接着強度はセラミックより劣り、外れやすかったり、また、虫歯になりやすかったりします。また、セラミックよりも、粘りはあるものの、弱いので、噛み合わせや、歯の削り方を配慮しないと、割れてしまう可能があります。

ですので、これまでの金属に対する歯の削りよりも、より厳格な削りが求められたり、接着強度を上げるための特別な表面処理に習熟するなど、見えないところでの歯科医の努力が要求される材料であるとも言えます。セラミックと、見た目はそれほど変わらないものの、実態は大きく違う材料なのです。

とわいえ、本当は白い歯を入れたいが、セラミックを入れるには予算が合わない方には、喜んで頂いています。また、奥歯や、前歯はセラミックを入れて、トータルの予算を考えて、”まずは、今回は”CADCAM冠を使いメタルフリー化を達成し、いずれは、セラミックに置き換えていくことをお考えの方もおられます。

意外なのは、一旦小臼歯を金属からCADAM冠にされると、ほかの部分の金属も気になって、大臼歯や前歯もセラミックに変えて行こうと決心される方が多くおられることです。CADCAM冠が、このような形でメタルフリー診療の入り口となってくれるのは、嬉しいことだと感じています。

白い歯が欲しいが予算がきになる、金属アレルギーが心配である、などでお悩みの方は、ぜひご相談ください。まずは、噛み合わせや、部位、歯の状態などをチェックさせていただき、治療を進めていきたいと考えています。