• セレックについて
    • メリット・デメリットは?
    • 他の治療方法との違いは?
    • セレック治療の流れ
    • 症例や目安料金を紹介
  • 小室歯科のこだわり
  • 医院案内
  • お問い合わせ

ジルコニア

ジルコニア

小室歯科近鉄あべのハルカス診療所では、セレック治療にジルコニアという素材を使うことができます。

セレックで使用できるセラミック材料は、長石系や、先日お話ししたe-max、ハイブリッドセラミック、レジンなど、本当に色々な材料がありますが、ジルコニアは、この中でも、一番固い種類のものになります。この硬さをいかして、ブリッジと言って、歯のない部分を補う、被せ物にも使用可能です。ブリッジは、非常に大きな力の負担がかかるため、固いセラミックでないと耐えられないのです。

また、咬合力が大きくかかる奥歯に使用したり、セレック材料としてはいち早くインプラントのかぶせものにも応用が始まった材料でもあります。

しかし、ジルコニアは、白いのですが、見た目は他のセラミックにかなわないので、上に綺麗な長石系のセラミックを塗ったりして対応しなければなりません。また、非常に硬いゆえに、まずは柔らかい状態でブロックを削り出し、加工用の専用の炉によって、加熱処理を必要とします。ですので、セレックを導入している医院でも、使用している医院はごくわずかです。また、熱処理には比較的長い時間がかかり、一般に削ったその日にセットすることは難しいです。

 逆にジルコニアは、光を通さないため、前歯などで、歯の土台に金属が入っていたり、着色がひどくて、透明な材料を使うと色が透けて困る場合にも威力を発揮します。

このような、現状では長所と短所がはっきりしている材料であるジルコニアですが、金属に比べれば見た目もいいですし、プラークが付きにくく、歯肉が炎症を起こしにくいなど、メタルフリー診療を目指す当院にとっては、欠くことができない材料です。また、まだまだ進歩の途中であり、今後の展開が注目される材料です。実際、ジルコニア用の歯の削り方、接着の仕方の方法など、日々最新の情報がアップデートされており、当院でも最新情報に目を光らせつつ、臨床に取り入れております。さらに、ジルコニアは、加工の難しさから、技工士との連携が不可欠な材料であるとも感じています。当院には院内技工士が5名在籍しており、皆が切磋琢磨してジルコニアを初め、デジタル歯科技工の研鑽を積んでおり、その技工士と日々情報交換しながら診療を前に進めることができていることは当院のジルコニア歯科技工の大きな強みと考えています。

小室歯科近鉄あべのハルカス診療所では、医院ぐるみでジルコニアまで加工できるメリットを生かして、様々なセレック治療に生かしていきたいと思います。