• セレックについて
    • メリット・デメリットは?
    • 他の治療方法との違いは?
    • セレック治療の流れ
    • 症例や目安料金を紹介
  • 小室歯科のこだわり
  • 医院案内
  • お問い合わせ

ジルコニア

ジルコニア

 

小室歯科近鉄あべのハルカス診療所では、セレック治療にジルコニアという素材を使うことができます。

セレックで使用できるセラミック材料は、本当に色々な材料がありますが、ジルコニアは、この中でも、一番固い種類のものになります。この材料は、ブリッジと言って、歯のない部分を補う、被せ物にも使用可能です。ブリッジは、非常に大きな力の負担がかかるため、固いセラミックでないと耐えられないのです。

また、その硬さを生かして、セレック材料としてはいち早くインプラントのかぶせものにも応用が始まった材料でもあります。

しかし、ジルコニアは、白いのですが、見た目は他のセラミックにかなわないので、上に綺麗なセラミックを塗ったりして対応しなければなりませんし、加工用の専用の炉が必要ですから、セレックを導入している医院でも、使用している医院はごくわずかです。

 

当院では、ジルコニアまで加工できるメリットを生かして、様々なセレック治療に生かしていきたいと思います。