• セレックについて
    • メリット・デメリットは?
    • 他の治療方法との違いは?
    • セレック治療の流れ
    • 症例や目安料金を紹介
  • 小室歯科のこだわり
  • 医院案内
  • お問い合わせ

メタルフリー治療

メタルフリー治療

 

セレックを入れるメリットとして、多くの方が、見栄え、のことをおっしゃります。もちろん、セレックは、セラミックのブロックを削ったものですから、見た目は綺麗です。

しかし、セレックの利点は、それだけではありません。

その、キーワードとなるのが、”メタルフリー”という考え方です。

小室歯科近鉄あべのハルカス診療所では、2013年8月のあべのハルカス本店内での移転を機に、大きくメタルフリー治療を推進できる体制を整えることができました。それでは、なぜ、メタルフリー、セラミックが体にいいのでしょうか?

まず、保険治療で歯科に使う金属は主に金銀パラジウムなのですが、イオンとして、口の中に溶け出します。これは、血液を通じて全身を周り、アレルギーの原因なります。これをできるだけ少なくしようと、昔から金合金などを使ってきたのですが、それらの金属へのアレルギーもゼロではないのです。
また、金属は、熱により収縮、膨張を繰り返します。これにより、せっかく口の中に入れても、微小ではありますが常に歯との間に隙間ができることとなり、そこから唾液とともにバクテリアが入り込み、新たな虫歯が出来やすくなります。
さらに、セラミックは歯肉とのなじみがいいので、歯肉が炎症を起こすリスクが少ないです。

このような利点があるために、我々は、あまり見た目が重視されない、奥歯などでも、積極的にセレックを使用しています。

もちろん、状況によっては、未だに金属を使用した方がいい場合もあるかと思いますが、それは後ほど、このブログでもお話しできればと思います。