• セレックについて
    • メリット・デメリットは?
    • 他の治療方法との違いは?
    • セレック治療の流れ
    • 症例や目安料金を紹介
  • 小室歯科のこだわり
  • 医院案内
  • お問い合わせ

セレックのメリット・デメリット

知っておきたいセレック治療のメリット・デメリット(リスク)

セレック治療とは、コンピュータを使用して短期間で高精度な修復物を作製する治療のことです。大阪市阿倍野区の審美歯科「小室歯科近鉄あべのハルカス診療所」では、見た目に美しく、体に優しく、虫歯になりにくい治療として患者様におすすめしています。メリットだけでなく、デメリットについてもしっかり理解していただき、新たな治療の選択肢としてご検討ください。

セレック治療とは

高精度でありながら短時間で補綴治療を行えるのがセレック治療の特徴です。CAD/CAMシステム「セレック」を使用し、歯科用ミリングマシン(自動切削機)がコンピュータにより設計通りにセラミックブロックを削り出すことで高精度・高耐久でノンアレルギーの修復物が作製できます。歯型採り方法も従来と違い、専用の光学カメラで口腔内を撮影するだけ。製作から装着までを1度の通院で済ませることのできる画期的な治療法です。


※ただし、加工が困難なジルコニアやe-maxなどの素材を使用したりする場合や患者様の症状によっては模型を作った上で高精度な修復物を作製するため、1度の治療で終わらない場合もございます。

セレック治療のメリット

セレック治療には従来のものと比べさまざまなメリットがあります。健康志向の強い方や見た目にこだわりのある方、多忙で歯医者への通院が難しい方や費用を安くおさえたい方にはおすすめの治療法です。

セレック治療のメリット

健康に良いセラミック

天然歯のような美しさ

治療が短期間

従来よりも高い耐久性

リーズナブル

体にやさしい「建康」なセラミックを使用

セレック治療で主に使用するのは、さまざまなメリットを持つセラミック。安全かつ健康に良い詰め物です。お口の健康を安全に維持していくのに、きっとお役立ていただけます。

虫歯・歯周病になりづらい 金属の詰め物・被せ物は環境の変化や時間の経過により、膨張や収縮をする特徴があります。そのため、接着剤との間にすき間ができ、そこから細菌が侵入するリスクをもっているのです。どんな状況でも変化が起こりづらいセラミックなら、金属製のものにくらべて虫歯・歯周病になりづらい補綴治療が可能になります。
金属不使用 セラミックを使ったセレック治療はメタルフリー治療です。そのため、金属を使った治療に比べ、歯肉への親和性が高く、炎症が起きにくいことが特徴です。また、金属イオンが溶け出すといったこともありませんので、金属アレルギーや、歯ぐきに黒ずみを招くような事態にもいたりません。

当院院長のインタビューメタルフリー治療への思い

より天然歯に近づいた「美しさ」と「装着感」

セラミックブロックには、いろいろな大きさや色があります。また、材料によって強度もさまざまです。そのため、患者様それぞれに最適なものを選び、周りの歯に良く馴染んだ修復物を作ることが可能です。また、透明度の高いセラミックは境目が目立たず、磨き上げることで非常に美しい仕上がりになります。

審美性だけでなく、噛み心地や舌触りについても天然歯に近い感覚となりますので、今までの被せものや詰め物で違和感を覚えたことのある方には特におすすめです。

その他の治療法との違いについてはこちらから

たった1日の「短時間」で治療

セレック治療は従来のものと比べてとてもスピーディー。1~2本の治療の場合では多くのケースにおいて、1時間程度で修復物のセットまで完了するので、通院も1度だけですみます。通常は3日~1週間ほどかかる補綴治療が短時間で終わりますので、忙しくて中々歯医者に通えない、という人には最適の治療法です。
※ただし、加工が困難な素材を使用したりする場合や患者様の症状によっては複数回ご来院が必要になる場合もございます。

従来の方法

1日目
  1. 歯を削る
  2. 型採り
  3. 仮歯の製作
  4. 仮歯のセット
約1週間
  1. 石膏製作
  2. 技工士による手と目を使った修復物の製作
2日目
  1. 仮歯を外す
  2. 修復物の調整
  3. 修復物のセット
  4. 完了

セレックシステム

1日目
  1. 歯を削る
  2. 写真の撮影
  3. コンピュータを使った修復物の設計
  4. 修復物の加工
  5. 修復物のセット
  6. 完了

セレックシステムなら短期間で終わります

通院1回・1~2時間で完了する歯科治療セレック治療に流れについて

セレック治療はこんな方におすすめです

普段お忙しい方はもちろんのこと、イベントまで時間が迫っているけれども、歯医者に通っている暇がない、という方にもセレック治療はおすすめです。すぐにセラミックなどの補綴物を作れますので、短期間で見た目も機能も良い被せ物治療が行えます。

  • 結婚式に出席される方

  • 卒業式や成人式前の方

  • お見合いをされる方

  • 留学前の方

  • 就職活動中の方

  • 旅行の予定がある方

その日のうちに治療完了することは医学的に見ても利点です
従来の補綴治療の場合、修復物の製作・セットが完了するまで、患者様は仮歯を装着することになります。仮歯はその名が示すとおり、「仮の歯」でしかありません。そのため、「思いっきり食べ物を噛むことができない」「仮歯が取れたり破折したりする」といったデメリットがあります。また、どうしても歯型をとってからセットまでの間に削った部分が唾液に汚染されてしまい、長期的な歯の予後に影響を与えます。そのため、歯の切削を行ったその日に修復物をセットできるセレック治療は、医学的に見ても大きなメリットがあると言えます。
高品質なセラミックブロックが高い耐久性を実現

通常のセラミックの修復物は、歯科技工士がセラミックを何層にも盛り足すことで作製されます。セレック治療は、ミリングマシンがセラミックブロックを直接削り出すという方法で修復物を作製しますので、高い強度が実現できるのです。さらに当院では、ドイツの工場で厳密な規格管理をクリアしたブロック型のセラミックブロックを使用しています。人の手による間違いがなく、高い耐久性が期待できるセレック治療は、長く歯の健康を維持したいという方に最適な治療法と言えます。

修復物が10年経過した場合の残存率

費用負担を軽減!「リーズナブル」な治療

最新の機器を使用した治療ではありますが、費用が高くなるということはありません。むしろ患者様の費用負担を軽減することができます。本来、修復物というのは歯科技工所へ製作を依頼し、歯科技工士さんに作ってもらうものです。しかしセレック治療は当院で製作が完結するため、外注費がかかりません。さらに、患者様にご来院いただく回数も減るため、その分費用を減らすことができます。また、耐久性が高いので修復物の再製作の回数も少なくなり、費用の軽減につながります。

治療費例

制作費だけでも3~4万円の差が!

セレック 60,000~70,000円
メタルボンド 100,000円

セレックに必要な費用と実際の症例についてはこちらから

セレック治療にともなうリスクやデメリット

セレック治療は多くの場合メリットの多い治療法です。しかし、場合によってはリスクやデメリットが発生するケースもあります。詳しくは当院にお越しいただいた際にご相談ください。

色調調整の
必要性
セラミックは非常に白く美しい素材です。そのため、前歯などに利用する場合には、周りの歯との色調を合わせなくてはいけないケースがあります。
治療困難な
ケースがある
多くの歯が欠損している場合や歯の抜け方やかみ合わせに問題がある場合には、ケースにもよりますが対応が難しく治療が行えないことがあります。
割れることが
ある
セラミックは、金属に比べて破折の可能性があります。
安心のセレック治療をお約束します

当院にはセレック治療の有資格者と歯科技工士が在籍。お互いがタッグを組み、精度が高く人体への安全性も満たした補綴物を製作します。高精度の被せ物は強度が強く長持ちし、しっかりフィットするので口腔内トラブルも招きません。

さらに最新システム「オムニカム(CAD)」+「インラボシステム(CAM)」と技工士の手によりジルコニアのような硬いセラミックやインプラントの上部構造にも対応が可能です。当院では多くの症状に対してセレック治療を行えます。

当院の治療へのこだわりをご紹介します小室歯科のセレック治療