• セレックについて
    • メリット・デメリットは?
    • 他の治療方法との違いは?
    • セレック治療の流れ
    • 症例や目安料金を紹介
  • 小室歯科のこだわり
  • 医院案内
  • お問い合わせ

他の治療方法との違い

セレック治療と他の治療の違い

補綴治療にはさまざまな種類があります。それぞれに得意・不得意なものがありますので、患者様の症状に合わせて選ぶことが大切です。ここでは、大阪市阿倍野区の審美歯科「小室歯科近鉄あべのハルカス診療所」が、セレック治療(主にセラミックを使用したもの)と、その他の治療法の違いについて解説いたします。

セレックで主に使うセラミックと他の素材の違い

セレック治療で使うセラミックと他の素材の違いを図表でご紹介します。

  メタルボンド レジン前装冠 金・プラチナ セラミック
金属アレルギー △ ◎ △ ◎
治療期間 △ ◎ △ ○~◎
耐久性
(製作物の割れにくさ)
○ △ ◎ ◎
サイズ適応 ◎ △ ◎ ○
変色 ○ △ - ◎
費用 △ ◎ △ ○
歯の持ち ○ ○ ○ ◎

メタルボンド

中身が金属で補強しているのが特徴。サイズの摘応の幅が広いため、多くの方に向いています。ただし、金属を使用するため金属アレルギーの方にはおすすめできません。長年の使用によって、歯ぐきのキワに黒ずみがでることもあります。

レジン前装冠

レジン前装冠

歯科用プラスチックでできており金属を含まないため、アレルギーのリスクがありません。また、他の素材に比べると治療期間が短く済み、費用も安く済みます。デメリットとしては、経年劣化で変色がみられることや耐久性が低いことがあげられます。

金・プラチナ

金・プラチナ

耐久性やサイズ適応は優秀ですが、金属アレルギーのリスクがあるため、アレルギーのある方には向いていません。外観は目立ちますが、奥歯など耐久性が求められる部分に適しています。

セラミック

セラミック

他の素材と比べると全体的に良い特徴を兼ね備えています。金属を含まないためアレルギーのリスクがなく、変色にも強く、種類によっては耐久性も出せるので、長く使えるのが最大のメリットです。金・プラチナなどと比べると費用も安く、コストパフォーマンスが高いといえるでしょう。

小室歯科のセレック治療はこちら