自然な見た目と機能を得る方法

  • トップ
  • 料金表
  • ドクター紹介
  • 医院概要.
  • お問合わせ

歯が抜けてしまった

失った歯を自然な見た目と優れた機能で補う

虫歯や歯周病、事故などで失ってしまった歯。保険の入れ歯やブリッジなどで補っても、不便だったり目立ったりと問題が起こりがちです。もっと自然な見た目で使いやすく、しっかり噛める歯が欲しい……そうお考えの方に、当院ではインプラントや審美性に優れた自費の入れ歯をおすすめしています。

入れ歯やブリッジは、「目立ちやすい」「周りの歯に負担がかかる」「しっかり噛めない」などさまざまな問題がありますが、インプラントや自費の入れ歯ならこうした問題を解消できます。

しっかり噛める「インプラント」

インプラント治療とは、歯を失った部分の顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上からセラミック製の人工歯を取りつける治療法です。人工歯根が顎の骨と結合し、しっかり固定されるため、本物の歯と同様の噛み心地が得られます。また、セラミック製の人工歯は本物の歯と見分けがつかないほど自然に仕上がります。


インプラントのメリット・デメリット
メリット デメリット
・本物の歯に近い見た目が得られる
・しっかり噛める歯が手に入る
・噛み合わせが長期にわたって安定する
・顎の骨が痩せにくい
・抜けてしまった場合でもやり直しが可能
・周りの歯に合わせた色にできる
・周りの歯に負担がかからない
・治療時間が長い
・外科手術の必要がある
・適応できないケースがある
・保険適用外のため費用がかかる

インプラント・入れ歯の専門サイト

しっかり噛める目立たない入れ歯

入れ歯が気になって口を開けられない……
どうしても目立ってしまう……

入れ歯は機能的なお悩みもさることながら、見栄えに関するお悩みも多いものです。特に不満が多いのは、入れ歯を固定するためのクラスプ(金属製のバネ)。口を開けるとどうしても目立ってしまうほか、周りの歯に負担をかけてしまいます。

当院では、クラスプが見えない、もしくは使用しない入れ歯をおすすめしています。こうした入れ歯は構造が複雑なため技工士の技術力が重要になりますが、当院の技工士は長年の経験から目立たない入れ歯の作製に習熟しているため安心です。

おすすめの入れ歯
アタッチメント義歯

入れ歯と残っている歯の両方にアタッチメント装置を取りつけ、入れ歯の安定感を高めたタイプの入れ歯です。クラスプを使用しないため見た目が自然なほか、安定性に優れているためぐらつくことがありません。

【主な種類】
・O-リングアタッチメント
・磁性アタッチメント
・コーヌスクローネ
・井上式アタッチメント

ノンクラスプデンチャー

その名の通り、クラスプを使用しないタイプの入れ歯です。周りの歯に影響を与えることなく、自然な見た目と機能を回復できます。

ホワイトクラスプ

クラスプは使用するものの、金属ではなく強化樹脂を使うことで目立たなくしたタイプの入れ歯です。

インプラント・入れ歯の専門サイト

お問い合わせ