気になる銀歯を、白く美しい歯へ――

  • トップ
  • 料金表
  • ドクター紹介
  • 医院概要.
  • お問合わせ

銀歯が気になる

お口の中をもっと自然に美しくしたい方へ

虫歯治療の際に削った部分は、保険適用の場合プラスチックか金属を被せられているかと思います。銀歯は丈夫なため、噛み合わせ時の圧力(ご自身の体重と同じくらい)にも耐えられますが、目立ってしまうのが気になるところ。また、銀歯も金属アレルギーの原因になるため、不安を感じている方もいるかもしれません。

小室歯科近鉄あべのハルカス診療所では、銀歯が気になる方を対象として、白い素材に入れ替える処置を行っています。保険は適用できない自費診療となりますが、外見的な美しさが手に入るだけでなく銀歯に劣らない強度で優れた噛み合わせが実現します。

保険と自費の比較

  保険 自費
特徴 健康保険によって医療費の大部分がまかなわれる。機能を回復させるための最低限の治療しかできない。
虫歯や歯周病の治療、入れ歯治療などは保険適用可。
保険は適用できないものの、見た目と機能の両方に優れた素材や治療法を採用できる。審美を目的とした場合、基本的には自費となる。
通常の治療をはじめ、インプラント治療やレーザーなどを利用した治療も可。
使える素材 ・銀歯
・レジン(歯科用プラスチック)
・セラミック
・ジルコニア
・金歯 など
メリット 安価で治療が受けられる 素材や治療法に制限がなく、仕上がりも美しくなる
デメリット 最低限の治療しか受けられない 保険適用時と比べて費用がかかる

補綴素材の種類

こちらでは、虫歯治療や入れ歯治療などで使用する補綴素材の種類についてご紹介します。

メタルボンド

金属製のフレームを、セラミック素材で覆ったタイプの補綴素材。金属部分は外からは見えないため見た目が自然で、強度も高いのが特徴です。ただし、金属が入っているため光の透過性はオールセラミックに比べて劣ります。


メリット デメリット

・色が歯に似ているので見た目が良い。
・中身が金属なので割れにくく、ほとんどの部位に使用できる。
・中身の金属に貴金属を使用すれば、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性が低くなる。

・オールセラミックに比べ透明感が得られにくい
・金属によって歯ぐきが黒ずむことがある
メタルボンド症例


オールセラミック

金属は一切使用せず、欠けた歯や削った後の歯を修復するための、セラミックのみでできた補綴素材。本物の歯に近い強度と透明感が得られ、金属を使用しないため金属アレルギーの心配もありません。

≫オールセラミッククラウンについて詳しく知りたい方はこちら

メリット デメリット
・強度が高く、摩耗しにくい
・変色しにくい
・本物の歯と同様の光の透過性がある
・金属アレルギーの心配がない
・割れることがある
・本物の歯より硬いため噛み合う歯がダメージを受けることがある

セラミックインレー症例

奥歯の詰め物の周りに虫歯が出来ていましたので、セラミックの詰め物で治しました。

セラミックインレー術前

セラミックインレー術後

ジルコニア

人工ダイヤモンドとしても使われる素材で、高い強度や自然な見た目で従来のセラミックを超えるとされています。従来のセラミックより強度が高いため、これまでオールセラミックで治療できなかった部位や、欠損にも使えます。もちろん、金属アレルギーの心配もありません。

≫ジルコニアについて詳しく知りたい方はこちら

メリット デメリット
・強度が高く、摩耗しにくい
・変色しにくい
・本物の歯と同様の光の透過性がある
・金属アレルギーの心配がない
・しなやかで割れにくい
・費用が高額になりがち

お問い合わせ

セレックとは

セレックとは

当院では、短時間で高精度のセラミック製補綴物を製作するCAD/CAMシステム「セレック」を採用しています。専用の光学カメラで口腔内を撮影するだけで“歯型採り”が完了。コンピュータにデータを取り込んでモニタ上で補綴物を設計し、ミリングマシンが設計データに沿ってセラミックブロックを削り出します。自然で美しい口元を実現する補綴物の製作からセットまでが、たった1回の通院で完了するのです。

セレック」の特設サイトオープン!

セレックのメリット

たった1回の通院で治療が完了!

たった1回の通院で治療が完了!

補綴物の設計から製作までを、すべてコンピュータが行います(リミングは完了までわずか数十分!)。技工所(技工士)を介する必要がないため製作時間を大幅に短縮でき、1回の通院で治療が完了するのです。

従来の歯型採りが不要!

従来の歯型採りが不要!

これまで、補綴物作製の際には歯型を採って模型をつくって……という工程を必要としていました。しかし、セレックを用いた場合、専用の光学カメラで口腔内を撮影するだけ。患者様への負担が大幅に抑えられます。

精度が高い!

精度が高い!

設計データに基づいて補綴物をつくりだすのは、ミリングマシン。ブレなくセラミックブロックを削り出すため、高精度な補綴物に仕上がります。また、セレックで用いるセラミックブロックは厳しい管理のもと製造されたものであり、適度な硬さにコントロールされているため、優れた耐久性を持っています。

費用負担を軽減!

費用負担を軽減!

技工所(技工士)に補綴物製作の依頼を必要としないため、人件費などがかからず、その分費用を抑えて補綴物セットまでがご提供できます。

セレック治療の流れ

  • STEP 0. カウンセリング

    STEP 0. カウンセリング

    まずは、お悩みやご希望をおうかがいします。そして、セレックシステムのメリット・デメリット、治療費用について、ゆっくり時間を設けてご説明します。十分ご理解いただいたうえで治療を受けていただきたいと思っておりますので、疑問点や不明点などがありましたら、お気軽におたずねください。

  • STEP 1. スキャン(型取り)

    STEP 1.  スキャン(型取り)

    治療部分を削って形態を整えた後、3D光学カメラを使用して患部を撮影(スキャン)。わずか数分間の作業で、患部の歯が3D画像としてモニター上に再現されます。

    当院で導入している光学スキャナーは、改善に改善を重ねた、最新の3D光学カメラを導入しています。また、従来の型取りを必要としないため、型取りの不快感を味わうことはありません。患者様へのご負担を軽減しておりますので、嘔吐反射をともなうおそれがある方も、ご安心ください。
    ※症例によっては、従来のように歯型を取って治療することもございます。

  • STEP 2. 修復物の設計

    STEP 2.  修復物の設計

    コンピュータのモニターに映し出された3D画像を用い、モニター上で修復物を設計します。あらゆる角度において歯の形態や噛み合わせの調整を行い、理想的な形にしていきます。設計後は、様々な色の高品質なセラミックブロックから患者様の歯の色に最適なセラミックブロックを選定します。

    当院には、技工のプロである技工士が常駐しております。最適な色のセラミックブロック選定の際には、技工士と歯科医師によりご提案させていただきますが、ご希望があれば患者さんご自身にお選びいただくことも可能です。

  • STEP 3. 修復物作製

    STEP 3.  修復物作製

    所定の場所にセラミックブロックをセットし、「ミリングマシン」と呼ばれる機械(CAM)が、コンピュータで設計されたデータをもとにセラミックブロックを削り出し、修復物を精密に整えていきます。

    1本の被せ物であれば、作製時間はわずか30分ほど。ご希望があれば、削り終わるまでを実際にご覧いただくこともできます。

  • STEP 4. 完成

    STEP 4. 完成

    先進的な接着技術を用いて、削り出されたセラミックの修復物を特殊な接着技術を駆使し、口腔内へ試適して治療完了です。たった1回の治療で理想的な白い歯を手に入れていただけます。
    ※必要に応じて、試適前に細かい調整を行うことがあります。

なお、STEP 1~STEP 4までにかかる時間は、一般的なケースで1~2時間程度です。
※症例によっては、色や形の修正のため、お時間をいただく場合もあります。

ISCD国際学認定セレックトレーナーの資格を取得しました。

ISCD国際学認定セレックトレーナーの資格を取得しました。

セレックは、コンピュータによって補綴物の設計・製作を行うシステムですが、このシステムを適切に使いこなすには、充分な技術訓練と経験が欠かせません。「ISCD国際学会認定セレックトレーナー」は、このセレックを用いた補綴物製作の高い技術を認定する資格。高い専門性が求められるため、日本国内ではまだ取得している歯科医師は多くありません。

当院の歯科医師は、この「ISCD国際学会認定セレックトレーナー」を取得しております。高度な技術で精密な補綴物を製作し、ご満足いただける治療をお約束します。

お問い合わせ