セラミック・

  • トップ
  • 料金表
  • ドクター紹介
  • 医院概要.
  • お問合わせ

銀歯が気になる

セラミック・メタルボンド・ジルコニア

虫歯治療の際に削った部分は、保険適用の場合プラスチックか金属を被せられているかと思います。銀歯は丈夫なため、噛み合わせ時の圧力(ご自身の体重と同じくらい)にも耐えられますが、目立ってしまうのが気になるところ。また、銀歯も金属アレルギーの原因になるため、不安を感じている方もいるかもしれません。

小室歯科近鉄あべのハルカス診療所では、銀歯が気になる方を対象として、白い素材に入れ替える処置を行っています。保険は適用できない自費診療となりますが、外見的な美しさが手に入るだけでなく銀歯に劣らない強度で優れた噛み合わせが実現します。

保険と自費の比較

  保険 自費
特徴 健康保険によって医療費の大部分がまかなわれる。機能を回復させるための最低限の治療しかできない。
虫歯や歯周病の治療、入れ歯治療などは保険適用可。
保険は適用できないものの、見た目と機能の両方に優れた素材や治療法を採用できる。審美を目的とした場合、基本的には自費となる。
通常の治療をはじめ、インプラント治療やレーザーなどを利用した治療も可。
使える素材 ・銀歯
・レジン(歯科用プラスチック)
・セラミック
・ジルコニア
・金歯 など
メリット 安価で治療が受けられる 素材や治療法に制限がなく、仕上がりも美しくなる
デメリット 最低限の治療しか受けられない 保険適用時と比べて費用がかかる

補綴素材の種類

こちらでは、虫歯治療や入れ歯治療などで使用する補綴素材の種類についてご紹介します。

メタルボンド

金属製のフレームを、セラミック素材で覆ったタイプの補綴素材。金属部分は外からは見えないため見た目が自然で、強度も高いのが特徴です。ただし、金属が入っているため光の透過性はオールセラミックに比べて劣ります。


メリット デメリット

・色が歯に似ているので見た目が良い。
・中身が金属なので割れにくく、ほとんどの部位に使用できる。
・中身の金属に貴金属を使用すれば、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性が低くなる。

・オールセラミックに比べ透明感が得られにくい
・金属によって歯ぐきが黒ずむことがある
メタルボンド症例


オールセラミック

金属は一切使用せず、欠けた歯や削った後の歯を修復するための、セラミックのみでできた補綴素材。本物の歯に近い強度と透明感が得られ、金属を使用しないため金属アレルギーの心配もありません。

≫オールセラミッククラウンについて詳しく知りたい方はこちら

メリット デメリット
・強度が高く、摩耗しにくい
・変色しにくい
・本物の歯と同様の光の透過性がある
・金属アレルギーの心配がない
・割れることがある
・本物の歯より硬いため噛み合う歯がダメージを受けることがある

セラミックインレー症例

奥歯の詰め物の周りに虫歯が出来ていましたので、セラミックの詰め物で治しました。

セラミックインレー術前

セラミックインレー術後

ジルコニア

人工ダイヤモンドとしても使われる素材で、高い強度や自然な見た目で従来のセラミックを超えるとされています。従来のセラミックより強度が高いため、これまでオールセラミックで治療できなかった部位や、欠損にも使えます。もちろん、金属アレルギーの心配もありません。

≫ジルコニアについて詳しく知りたい方はこちら

メリット デメリット
・強度が高く、摩耗しにくい
・変色しにくい
・本物の歯と同様の光の透過性がある
・金属アレルギーの心配がない
・しなやかで割れにくい
・費用が高額になりがち

お問い合わせ